起立性調整障害 大人

起立性調整障害は子供だけじゃない!?大人の対処法について

起立性調整障害大人

 

起立性調整障害は、思春期の頃に発症しやすい病気と言われていますが、大人でも起立性調整障害に悩まされる方はいらっしゃいます。

 

大人の起立性調整障害の場合、ほとんどが子供の頃に起立性調整障害と診断を受けた方です。

 

大人になるにつれ、軽減されたり、症状が消えたりする場合があるのですが、成人してからも起立性調整障害の症状が残ってしまうのです。

 

では、子供の頃を違って、大人の起立性調整障害の場合、どのように対処すればよいのでしょうか?

 

そこで、大人の起立性調整障害についてご説明したいと思います。

 

大人の起立性調整障害の症状

 

大人の場合も、起立性調整障害の症状は子供の頃とさほど変わりません。

 

朝起きられなかったり、めまいや立ちくらみがしたり、食欲がなかったり、寝つきが悪いなど、子供の頃と同じような症状があります。

 

しかし、子供の頃と大きく違うのは環境です。

 

子供の頃であれば、両親や学校など周りの大人が配慮してくれたため、学校に行けなければ行かなくても済みました。

 

体を休めたい時には、休めることができましたし、水分量や塩分量なども親が考えてサポートしてくれました。

 

ところが、大人になり会社員になると同じようにはいきません。

 

朝は起きられなくても、起きなければなりませんし、会社は簡単にやすめません。

 

体を休めたくても、就業中は休めることはできませんし、食事管理も自分で行わなければなりません。

 

しかし、症状自体は子供の頃ほどきつくないため、多くの起立性調整障害の大人の方は、自分の症状と上手に付き合っておられるようです。

 

では、大人の起立性調整障害は何が原因で起こってしまうのでしょうか。

 

大人の起立性調整障害の原因

 

大人で起立性調整障害を患う方のほとんどは、子供の頃に起立性調整障害と診断された方です。

 

大人になるにつれ、症状自体は軽減される事が多いですが、男性で29%、女性となると49%もの割合で症状が残ることがあります。

 

大人の起立性調整障害の原因としては、ストレスや生活リズムの乱れ、環境の変化やホルモンバランスの変化などが挙げられます。

 

大人の起立性調整障害の治療

 

大人でも朝起きられなかったり、夜に眠れないのは大変です。

 

そこで、大人の場合も早めに治療を開始した方が望ましいでしょう。

 

子供の場合は小児科を受診しますが、大人の場合は小児科に行くわけにはいきません。

 

大人の場合は心療内科か循環器科、神経科などを受診します。

 

受診の際は、過去にも起立性調整障害の治療経験があることや、現在の症状を詳しく説明することで、治療しやすくなります。

 

大人の起立性調整障害の治療は、自律神経の乱れを整える事が第一です。

 

症状によって処方される薬は違いますが、規則正しい生活を送るように指導されたり、適度な運動や食事の見直しを勧められます。

 

まとめ

 

大人の起立性調整障害の場合、対処することなく放置していると、最悪の場合、うつ状態となり、うつ病を発症するケースもあります。

 

少しでも、日常生活に違和感を感じたら、早めの受診を心がけましょう。

 

起立性調整障害対策に有効な、お薦めグッズをランキング形式でご案内!

 

光目覚まし時計inti(インティスクウェア)の特徴

価格 25800円
評価 評価5
備考
安眠をサポートする枕 YOKONE(ヨコネ)の特徴

価格 15800円
評価 評価4.5
備考

グッドナイト 夜

快眠サプリ グッドナイト27000の特徴

価格 990円
評価 評価4
備考